大好きな母に付いていきたい

母の肺がん再発に伴い同居決意。出来るだけ傍に…出来るだけ一緒に…

お母さんからの電話…

帰宅後すぐさま和室へ潜り
整理したクリアケースを再度
押し入れから出して断捨離の
やり直しスタート?
娘は…言わずと知れたように
お米研いで夕飯の支度にかかりだした時
おかんから入電(*゜Q゜*)
「あんた今日は一日中動かしてかんにんね!あんたの事やからまた和室に潜ってるん違うの?また腰痛くなるからやめときなさいよ」マシンガントークの始り…?
朝晩しか出来ひんのやから忙しいの
わかってるけど心配で‼らしい…
気持ちは有難いんやけど…人の話を聞くときは今やってること中断せんなんやん?
で…用事は何?とも聞けずのらりくらり
と聞き流してると…ちゃんと聞いてるの?って…ったく。さみしんやろな…
…………

私とおかんだけ地元じゃないここに
暮らしはじめて十数年…私には
数人のママ友が出来たけど学校卒業してしまうと…挨拶だけ…それって友達違うよな…おかんの友達はブティックの店員…
行かなくなると会うこともない…
おかんが病気になって入退院や通院は
バスと電車を使うため心配で
いつも一緒に…
元気な頃は(8年前手術後再発するもイレッサ内服1年半…)独り暮らしを満喫したと思う…けど今は薬の副作用が辛く
こんな頭やし誰にも会いたくないらしい…
そりゃそうよ!生まれた時から髪は
生えてて1度もハゲたこと無いんやもんなぁ…帽子を脱いではガムテープで
抜け毛取り…大丈夫。すぐ生えてくるよと言ったものの考えてしまう…
髪質が変わるケースが多いとはおかんは
知らないから…元の姿に戻れるとは
言い切れない事もおかんは知らないから…
だけど私には言えない…
0と100は無いのだから…
開き直ることも大切…
だって副作用対策の薬には
発毛剤はないのだから…

日にち薬でありますように☆