読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大好きな母に付いていきたい

母の肺がん再発に伴い同居決意。出来るだけ傍に…出来るだけ一緒に…

今日から……(昨日)

旦那さんが仕事で
治験参加している中に……
今日から1ヶ月間の食事記録を
取り写真つきで出さないと
いけないからランチョンマットあるぅ?
と訊いてきた……
いつも休日は家庭内一人暮らしに
近く……子供たちも右へ習え状態。
なので「ご飯出来たよ~」と
言っても返事なし……仕方なく
部屋まで行くとしぶしぶ出てくる始末であります……手伝いなんてありません。
テーブル片付けてきれいに拭いたとこに
誰かが帰宅すれば必ずその人の
小物類がテーブルに置かれる……
明日から子供たちの学校が始まる。
やっとおかんの引っ越し荷物
片付け出来る。朝から起きてくる
時間がそれぞれだからご飯と片付けが
忙しい……合間に洗濯干したり
お風呂洗ったり……あっという間に
お昼……だから午前中に買い物なんて
行ける筈ない……当たり前のように
ご飯もずれる……おかんは朝夕の
内服薬があるから時間通り近辺には
声をかけなくてもテーブルについて
座って待ってる後ろ姿……
待ってて貰える事にしみじみ
ありがたく感じました。
f:id:mikeneco9:20170110072439j:plain